スノーボード用具 手入れ

スノーボード用具の手入れ

スノーボードを楽しんだら手入れを忘れないでください。

 

そのままにしてしまう人が多いですが
とてもデリケートなものなので

 

きれいにしてあげないと次回使う時にサビてしたり
買い替えなくてはならない状態にまでなってしまう場合もありますので
毎回使い終わったら手入れをするようにしましょう。

 

基本は、スノーボードは雪の上を滑るものなので濡れています。

 

乾いたタオルで水をしっかりと拭き取ることは
まず最低限やってください。

 

濡れているとサビてしまうので
水分を残さないようにふき取ってください。

 

サビ止めも塗って次回滑る時の準備をしておきましょう。

 

重要なのがシーズンオフ時の保管についてです。

 

水分をしっかり拭いてからしまうのは
最低限としてやらないといけないことです。

 

使わない時は何もしなくていいかというと、そんなことはありません。

 

冬になるたびにしまってあるところから出してくるのではなく
定期的にメンテナンスをするようにしましょう。

 

バインディングは保管前に必ず外すようにしましょう。

 

軽いものではないので、どんどんスノーボードに負担をかけます。
それから、スノーボードに行くことが決まり、
いざ準備をしようと出した時にももう一度確認をするようにしましょう。

 

ボードにヒビが入っていると、滑ることが出来ないので
修理に出すことも含めて検討してみましょう。

 

素人では出来ない修理が多いですから
購入したお店か修理に出す用具のメーカーに問い合わせましょう。

 

価格は15,000円〜20,000円程度かかります。
安価なボードを買っているのであれば、買い替えてもいいかもしれませんね。